闇金の借金を返済する、しない?

闇金でお金を借りてしまったけれど、返済をしなければならないのかという質問を見かけることがあります。
闇金でお金を借りた場合、返済しなければならないのでしょうか?

 

闇金自体が違法行為

闇金は、法律で決められた以上の金利で貸付し、暴利を取っている犯罪集団です。
貸金業法に基づく登録もしていない業者や、偽装をしている業者が多く、法律を守らない貸し借りは無効になります。

 

さらに元本も含めて、一切返済する義務がないと裁判での判例も出ています
具体的には、いわゆる「闇金」は、出資法で規制する年20%を超える利率による利息の契約や支払要求、受領をする犯罪グループで、これらの不法行為には、厳しい刑罰の規定が設けられています。

 

また民法では、法律を犯した者には力を貸さないという「クリーンハンズの原則」があり、違法の原因で貸付を行った者は貸付した物の返還請求ができないと定められており、法律上は、一切の返還義務がない事になっています。

 

なので、法律上お金を返す必要はありませんので、法的に対処する事が解決への最善です。
借りる際に、勤務先、親族等の電話番号を教えてしまっている場合には、闇金からの嫌がらせがあるかもしれませんが、少しでも早く法律のプロである弁護士に対応をしてもらう事が解決の近道です。

 

闇金に支払ったお金も取り返せる?

闇金との交渉は、なかなか一般人には難しく、相手もまともに対応をしてくれません。
闇金への支払いを止めて、完済をする為には、闇金が利用している返済口座を使えない状態にするという方法もあります。

 

闇金業者が利用している返済用の口座は、人から買い取ったものも多く、その口座が違法行為に使われている事が分かれば、すぐに凍結してくれます。
これは、被害の減らない振り込め詐欺に対しての処置で、被害を受けた方のすみやかな救済と回復の為に、新しくできた法律です。

 

この法律によって、被害届を出して警察に口座番号を伝えると、金融機関は振り込んだ口座を凍結し、これまでの振込金額や凍結された口座の残高に応じて、振込金額の全部または一部を被害回復分配金として受け取れるようになります。

 

このような法的な手続きは、個人で処理するのは難しく、法律的な知識も必要になりますので、すぐにでも解決したい場合は弁護士事務所へ相談することをお勧めします。